目隠しをした女性に顔を近づける男性

面接官との対話で大切なこと

風俗の求人においても面接が必ず行われます。面接に合格して初めてそういう仕事に就けるわけなのですが、人によっては面接上の注意点を守ってないから落ちるということもあります。

ここでは風俗店の面接官がどういう観点で面接を行っているのかということについて紹介していきますので、うまい具合にポイントをつかんで面接に臨んでみてください。

話し方や態度が不快でないか

風俗の仕事はサービス業に当たりますので、応募者の話し方や態度を見て不快に感じたり、聞かれたことに対してきちんと答えなかったりすると、残念ながら面接に落ちるということもあり得ます。

応募者は基本的に常識が無いという風に思われていますので、常識ある行動を取ったりすることだけで有利に働くことがあります。

あとは、時間をキチンを守るということが大切です。中には時間にルーズな人もいますので、そういうことがないかどうかを確認するためにも、決められた時間までに到着するべきです。

身分証明書に虚偽は無いか

風俗の求人に申し込む時にはどこの風俗店でも身分証明書が必要だということを知ることになります。身分証明書がなぜ必要かというと、応募者の年齢に虚偽がないかどうかを確かめるからです。

仮に現在17歳にもかかわらず、19歳と虚偽申告をして働いていた場合はこれは責任が問われてきます。特に未成年者を働かせていたとなると法律違反にもなりますので、そこのところは最新の注意を払っています。

基本的なマナーを守る

風俗の求人を受ける人の中には基本的なマナーが身についていない人がいます。いくら採用面接が厳しくないからと言って、上記のような基本的なマナーが守れない人は採用されないことがあります。

仰向けになり足を軽く上げる女性の脚

面接にはどんな服装で臨むべき?

風俗の面接で一番気になることと言えばどういう服装で来ればいいかということではないでしょうか。一般的には風俗の求人において面接時の服装は自由なところが多いです。

自由なところが多いとはいっても、自由だからこそ服装選びが難しいという側面があります。それでは求人先に面接を受けに行く際、実際にどういう格好で面接に臨んでいるのでしょうか。

リクルートスーツで行くケースはめったにない

面接と言うとリクルートスーツで行かなければいけないというイメージがありますが、風俗の求人においてスーツで行かなければいけないというケースはめったにないと言ってもいいです。

スーツではなく普段着で臨んでもらって構いません。

清潔感のある服装で全然構わない

普段着で行くのは全然構わないのですが、あまりにラフ過ぎる格好で着たり、ちょっと不快だなと思える格好で着たり、風俗店のイメージと合わない格好で着た場合は、マイナス評価になるケースもあります。

面接時の服装が自由と言われているのであれば、NGとなる格好は無いわけですが、自分がどういう風に見られているのかとか相手にとって失礼に当たらないのかということをよく考えたうえで服装選びを行うことが重要です。

風俗店によってどういうタイプの女性がいるのかというのは違いますので、店舗のコンセプトに合った服装を着るのが一番いいのではないでしょうか。

そうしたら、服装だけでマイナス評価を受けることは少なくなります。

風俗店のイメージに合った服装を選ぼう

風俗の面接においてはそれぞれのお店に合った服装を選んだほうがポイントが高いです。リクルートスーツではなく普段着でも全然構いませんが、清潔感のある服装を選びましょう。