面接にはどんな服装で臨むべき?

仰向けになり足を軽く上げる女性の脚

風俗の面接で一番気になることと言えばどういう服装で来ればいいかということではないでしょうか。一般的には風俗の求人において面接時の服装は自由なところが多いです。

自由なところが多いとはいっても、自由だからこそ服装選びが難しいという側面があります。それでは求人先に面接を受けに行く際、実際にどういう格好で面接に臨んでいるのでしょうか。

リクルートスーツで行くケースはめったにない

面接と言うとリクルートスーツで行かなければいけないというイメージがありますが、風俗の求人においてスーツで行かなければいけないというケースはめったにないと言ってもいいです。

スーツではなく普段着で臨んでもらって構いません。

清潔感のある服装で全然構わない

普段着で行くのは全然構わないのですが、あまりにラフ過ぎる格好で着たり、ちょっと不快だなと思える格好で着たり、風俗店のイメージと合わない格好で着た場合は、マイナス評価になるケースもあります。

面接時の服装が自由と言われているのであれば、NGとなる格好は無いわけですが、自分がどういう風に見られているのかとか相手にとって失礼に当たらないのかということをよく考えたうえで服装選びを行うことが重要です。

風俗店によってどういうタイプの女性がいるのかというのは違いますので、店舗のコンセプトに合った服装を着るのが一番いいのではないでしょうか。

そうしたら、服装だけでマイナス評価を受けることは少なくなります。

風俗店のイメージに合った服装を選ぼう

風俗の面接においてはそれぞれのお店に合った服装を選んだほうがポイントが高いです。リクルートスーツではなく普段着でも全然構いませんが、清潔感のある服装を選びましょう。

One thought on “面接にはどんな服装で臨むべき?

コメントを残す