風俗の面接に落ちることもある?

五人の下着姿の女性のお尻

風俗の求人で採用が見送られるケースというのも中には有ります。

風俗店の中では実際に面接を行ったものの、お店のコンセプトに合わないなあとか使えないなあなどと言う風に思う時があります。

そういう時に面と向かって断るのは気が引けるでしょうから、次のような対応で暗に面接に落ちたことを伝えることがあります。

面接の結果は後日電話でという風に言われた場合

面接でうまく応えられたと思えても面接が意外と早く終わって、面接の結果は後日電話でという風に伝えられるのは、風俗の求人における面接では不採用に値するケースが多いです。

一般のアルバイトや就職面接では後日電話で結果が伝えられるのは当たり前のことですが、風俗においては今日からでも来てほしいという風に思っていますので、どちらかというと面接中に合否が決めることが多いです。

面接中に具体的にいつから来れるのかという話が出てきた場合は、採用される可能性が高いです。

出来なさそうなことや現実的でないことをあえて聞く場合

何でもかんでもyesと答えられるとかえって風俗店側としては断りづらくなりますので、そこでできそうにないことや現実的でないことをあえて面接の場で質問することがあります。

例えば、フォームに記載されているオプションで次のことができないと厳しいんだよねと言う風に尋ねてくる場合があります。

こういう流れにもってきて、風俗店側ではなく応募者側の都合で採用を見送らざるを得ない状況を作るわけです。

面接に落ちる際には何らかのサインがある

面接に落ちる時には自分としてもあまり感触が良くないケースが多いです。特に上記のことを尋ねられた時には大抵の場合落ちたという風に考えて、次に向かって準備をした方がいいでしょう。